Author Archive

2021年度の日本の教育とMIRAIの教育

2021-01-04

 

 

日本の教育は、2020年度の教育改革以降大学受験内容が知識や技能だけではなく、それらを活用した思考力・判断力・表現力が今まで以上に問われます。

記述式問題の導入が取りやめになりましたが、提示された多くの資料を使いながら知識を活用して考える問題が出題されます。

どの教科も情報の収集・分析が問われるため問題文から必要な情報を読み取り、自分の知識と組み合わせて答える問題です。

教科を問わず図やグラフを利用し答えます。

英語は問題自体が英語で問われます。

リーディングは全て読解問題です。

リスニングは1回で聞き取れる力が必要となります。

個人的な意見を持ち、解答出来ることを主とします。

上記を受けMIRAIは、「幼児期は英語で右脳育成 日本語で知能教育」「小学生時期は思考力育成」「中学生時期は自己の考えを持ち発言出来る力の育成」です。

並行して、幼児期より人前力を育て続けます。

小学生時期には皆の前でまずは、できるだけ多く意見を言わせます。

中学生時期になると照れや恥ずかしさも芽生え始めるので、国語の時間を使い考えを文章にさせます。

上記の流れを助長する手段としてMIRAIでは、リモートレッスン化を進めています。

予定では3月~7月の体験期間を予定しております。

幼児においては知育玩具のサブスクとの提携による「英語で右脳育成」「日本語での知能教育」小中学生においては、リモートで家庭学習の管理を実施。

お子様の自立学習を担わせて頂く予定です。

現在既にMIRAIのデキタス・エデュプラスによるWEB学習をご自宅で学んでおられるお子様も多数出て参りました。

管理をしっかりとし、学力にかえていかれます様、現在システム化を進めております。

週1回の通塾スタイルから、来年は「月1回の通塾と毎日のリモートレッスン」などと様々なスタイルが予想されます。

振替はリモートでも可能になるでしょう。

コロナにより、人間だけが持つ想像力を試されています。

「コロナに負けない!」とは、身体だけではなく想像力で未来を切り開いていく事なのです。

2021年度よりMIRAIリモートレッスンが始まります!!

1.コロナによる3密が気になり通塾を控えておられた保護者様!

2.遠方のために通塾をあきらめておられた保護者様!

3.経費がかさむと通塾を躊躇されておられた保護者様!

MIRAIはこの3つの心配を

コロナ3密ではなく3得へと想像力で変革中!!

 

 

2020年自分が創ったMIRAIで乳幼児の先生をしてみたら・・・

2021-01-04

 

 

最初の教え子が既に今42才。

その子の子どもは今年浜松北高の1年生になりました。

1歳からMIRAIに通わせてくれました。

教え子の子どもを教えると、私の勉強への捉え方や方法がしっかり子に伝授されていて、驚かされることがしばしばでした。

小学1年生から5年生まではイメージ問題を中心に考える力をしっかりと付け、6年生ではサッカーと勉強の両立をし、附属中学に合格しました。

結局教え子と私は、教え子の子どもが1歳の時からずっと、自分で最後まで考え抜く力をつけることを目指して来たのだと思います。

今年は0歳から3歳未満児のクラスを受け持たせて頂きました。

それは、来年度より今まで以上に子ども達が想像力を付けられる、新たなカリキュラムを生み出したかったからです。

それには、レッスンを受け持たせて頂くことが必要でした。

しかし、基本は40年間小中高の受験を担い、全責任を負ってきた為、レッスンは自然と厳しさを伴ってしまいました。

しかも1回のレッスンで多くのことを吸収させてあげたい気持ちが常にあり、スピーディ―なレッスンだったと思います。

脳は3歳までに80%、6歳までに90%が出来上がるということは本当だと、指導現場で感じてきました。

教室で、多くの0歳から15歳までの成長を目の当たりにしてきた私は、乳幼児期が脳にとって最も大切であると断言できます。

そして、その基本が親御さんが読んで差しあげる1日10冊を目標にした絵本が、最も重要なカギを握っていることをお伝えしたいのです。

 

 

今教育でお伝えしておかねばならない事

2021-01-04

 

 

日本そして世界をより良く改善していけるのは、教育だけです!!

政治家も教育で育っていくわけですから、教育のための政治家が育つような教育をしていかなくては日本は滅びていくでしょう。

政治のための教育になってしまった結果、第2次世界大戦では多くの若者が戦死されました。

学校の教科書は英語の文字を全て墨で消し、日本のために戦死することが美徳と教えられました。

今では、まったく考えられないことですが、たった75年前のことです。

その位教育と政治は繋がっているのです。

ネット時代の今、若者に最も必要な力とは「柔軟性」だと感じます。

なぜなら、日本人の良さである勤勉というものが、現代は通用しにくいからです。

親の言う通りに、真面目に勉強し続けてきた結果が無意味だったと感じてしまった時、どこにもやり場のない感情に陥り這い上がれない若者を多く見てきました。

それは、30代、40代までにも続いているのです。

日本の自殺者が増え続けているのもそうした背景があるのでしょう。

だからこそ、家庭教育、社会教育、学校教育の場で「柔軟性」を教えていきたいのです。

『人生は、1つの道だけではない。

これがだめならあれもある。

気に障ることをいう人のことなど気にしない。

その人が自分に何か与えてくれるわけではないから。』と小学生から導いてあげたいものです。

柔軟性を身に付けるためには、想像力があれば尚良いのです。

想像力は、将来の自分を想像して前へ前へと進む力になるからです。

MIRAIは、創立よりこの想像力を3歳児クラスのエンジェルコスモコースから育んでいます。

0歳児から3歳未満児は、考える土台の記憶力、理解力を高めるレッスンです。

この土台の上に想像力はより大きく膨らんでいきます。

 

 

★コスモコースの魅力を独占インタビュー!!(小5 M君編)★

2021-01-04

 

 

Q:インタビューに参加してくれてありがとう!今日はMIRAIに入会してみた感想を色々聞かせてもらいますね!M君がMIRAIに入会したのはいつですか?

A:今年の8月からです。

Q:MIRAIには通塾10年以上の子達も沢山います。頑張ってね!MIRAIに入会したきっかけを教えて下さい。

A:実は、僕の母がMIRAIの卒業生なんです!3月に弟がプチエンジェルに入会したのですが、見ていたら僕も入会したくなって母に『僕もやりたい!』とお願いして体験させてもらいました。体験した時に思考力コースがとても面白く感じて加えてもらいました。僕は思考力タイムが一番好きです!

Q:親子二代でMIRAI生って嬉しいですね!思考力はMIRAIの一押しなので、喜んでくれてとても嬉しいです!M君は、イメージ問題と思考力テキストのどの様な内容に魅力を感じましたか?

A:体験の時に、イメージ問題と思考力レッスンは静岡ではMIRAIだけのコース。MIRAI生しか習えないと聞いて興味を持ちました!早速、学校の友達にもオンリーワンの思考力レッスンとイメージレッスンを自慢しました!

Q:「オンリーワン」なんて最高なお言葉をありがとう!MIRAI独自の思考力レッスンとイメージ問題では、中学受験や高校受験、大学受験のためだけではなく社会に出てからも様々に役立ちますよ。コスモのレッスンは、総合的にどの様な印象ですか?

A:先ず、イメージ力をアップさせながら文章問題をレベル別に解いて学べるので、自然と考える力が身に付いていきます。また、MIRAIの学校準拠テキストは、学校の教科書に添った物を全教科使用しているので予習・復習がしっかりその都度出来ます。週1回先生に分からない所を聞けるので、分からない事が分からないままにならずに困ったりする事がありません!宿題も個々に合わせて加減しながら出してくれたり、直しもしっかり教えてくれるのでとても助かっています!

Q:MIRAIのレッスンを気に入ってくれて嬉しいです!M君の苦手な部分は、MIRAIではどの様な対応をしてくれますか?

A:実は僕、漢字が苦手で…3年生、4年生の漢字も時々正しく書けない事があるので先生に相談したら、今の僕のレベルに合った漢字テキストを選んで、分からない部分を先ず無くして、復習からしっかりやっていく様に考えてくれました。そのお陰で、前より書ける漢字が増えてきました。今まで色々な塾やタブレットゼミを試してきましたが、あまり勉強が得意ではない僕にとって、MIRAIが一番楽しんで学べる場所だと感じています。なんといっても、MIRAIの小学部には優しくて頭が良い若いお兄さんお姉さんの先生が沢山居るので何でも聞いています。これからもっと頑張って、今よりテストで良い点数が取れる様になりたいです!

 

 

MIRAI知育→小学校受験 MIRAI学習→中学校受験

2021-01-04

 

 

MIRAIが小学校受験指導を始めさせて頂いたのは、27年前です。

その11年後から3歳未満児の乳児コースをスタートさせました。

するとその3年後より、乳児コースから知育を始めた子達が、誰一人小学校受験で落ちない事に気が付きました。

それは、今年で連続16回を数えました。

ここまで来ると、小学校側が受験生に求めている物が何であるのかハッキリ見えてきました。

それは、3歳までの子育てにおける健全な心身の育成です。

乳幼児にとって、心が安定できる生活が最も大事であるということです。

子どもらしい笑顔が、自然にいつも見られるかなのです。

心は脳にあるのですから。

健全な脳を見られているのです。

6歳で受験する際に3歳までの子育てを見られているとは・・・そこに気が付いたとき、MIRAIは3歳までに育むべきことが足りていないと感じたお子様を、知育指導は勿論のこと、保護者様と二人三脚により地域1番の合格率を続けてきたのです。

受験は、傾向と対策にあります。

これは全ての受験に共通しています。

だからこそMIRAIは、中学受験・高校受験に対して傾向を知りつくし、対策を立て続けてきました。

1歳7か月で乳児コース入会の高橋龍人君は、附属浜松中学校合格後、本年浜松北高等学校に合格しました。

彼曰くスーパーコスモコース時代に学んだ、イメージ問題が頭を柔軟にしてくれたおかげだと言ってくれました。

でも、本当は1歳7か月で私の所に「先生、次はこの子をお願いします!」と14年前に連れて来てくれた、元教え子でもあるお母さんの決断があったからこそだと思います。

 

 

« Older Entries

 

休校日