「受験」と「母が徳を積む」ということ


子どもの受験で、最も大切なことは「母親が徳を積む」ことだと思います。

十数年以上受験のお手伝いをしていますと、距離的問題を除いて、合格できなかった子の母親の言動の傾向が分かってきました。

第1に怒りっぽい第2に誉めるのが下手第3に子どもの話を聞かない。

反対に合格した子の母親の言動の傾向は第1に。

第2に誉め上手。第3に相手の話をよく聞くことなどです。

IQが140以上ある子どもなら試験の問題など簡単に理解できるはずです。

しかし不合格になる場合があります。

高校生以上の受験なら受かったのかもしれません。

しかし、小中学校受験では、学校側の見ている観点が違います。

社会性即ち他者への正しい言動ができているのかを第1に見ているのです。