学習_楽社理の種 (浜北校・幸校・磐田校で4ヶ月ごとに  異なるテーマを学習します。)

社  会

世界遺産地球儀作り・国旗歴史人物・年号

 

理  科

人体のつくり元素記号植物の作り

 

イメージ文章問題

MIRAIではイメージして思考する能力の向上が可能です!

国語・算数+イメージ文章問題+楽社理の種

考回路育成プログラム -文章問題を視覚イメージで解くことの大切さ-

文章問題の中には必ず計算する部分があることを忘れていませんか?
「文章問題の前にまずは計算問題」というのは全く無駄なのです。
いつになったら文章問題を始めるのでしょう。
いつになったら考える練習を始めるのでしょう。
一番大事なことを一番吸収力の高い時にしないでどうして先送りにするのでしょう。
また、せっかく文章問題を解いているのに絵図で考えることをしないで文章から式を考えている人がいますがこれも大きな勘違いです。
視覚のイメージを意識せずに解く文章問題は、力を育てる材料にはなりません。
しないよりはマシですが、非常に効率の悪い方法です。

イメージ操作・・・文章を読む  絵図(絵図の変形)  計算式はどんな教科でも応用が利きます

イメージ思考問題17級より 静岡県公立高校入試問題より

教材教具
イメージ問題

教科書と準拠教材に加え「イメージ問題集」を使用します。

年1回「イメージフェスティバル」があり1年生から6年生まで競い合います。

また漢字コンクールも年2回あり、生徒さんはコンクールに向けて毎週少しずつ漢字の力を高めています。

 

 

 

効果

糸山泰造先生の「イメージ問題」は算数のみならず国語の読解力の向上に大変役立ちます。
思考力がほぼ完成する12歳までに絶対につけておきたい力がこの問題の中には溢れています。

 

 

 

講師

「絶対学力」の著者糸山泰造先生のイメージ問題を指導します。
講師陣は自らこの問題集を解き、生徒達がイメージしやすいように導いています。
勿論その基礎となる算数国語の教科書内容も徹底して押さえています。
講師の資質として明るくリーダー性があり、数学的センスを持ち合わすことを基本としています。

 

お子様の声

山本幸奈(3年生)にがてなところととくいなところがありました。
絵をかくのがとても好きだったのでとても楽しくできました。
絵をかくとかんたんになるので、やりやすくていいなとおもいました。

 

 

 

【学習】ママの声はコチラ
【楽社理の種】ママの声はコチラ
【イメージフェスティバル】ママの声はコチラ



Copyright© 2012 英会話・幼児教室・学習塾のMIRAI(浜松市(中区・浜北区)・磐田市) All Rights Reserved.