好きなものが自覚できた子にはチャレンジ精神が!

”好きなものが何であるかを自覚できる子を育てよう”と常日頃、私たちパスパルMIRAIスクールの講師は話しています。

自覚できた子はチャレンジ精神ができ、嫌いなものを乗り越え、へこたれずひとつずつクリアすることができるようになってくるからです。

私たちの仕事は乗り越えねばならぬ時々を、いかに支え、励まし、見守り続けられるかということかも知れません。

良いところを見つけてあげることで、子供たちは自分の好きなものが具体的になってきます。

そして、そこから自力で道を開いていけるようになっていくのです。

「あの人のあのひと言があったから、今の私があります」と将来ひとりでも多くの教え子から言ってもらえたら、それは、私たちにとっての最高の贈り物なのです。


学ぶ力をつけていくというのは、自分づくりをしていくことなのです!

何事もきっかけです。

生まれながらの秀才なんていません。

誰でも何かでつまずいたり学んだりして賢くなっていくものです。

学ぶ力をつけていくというのは、自分づくりをしていくことなのです。

自分づくりのうまい人を、パスパルMIRAIスクールでは秀才と呼びます。

パスパルMIRAIスクールは、その人の持っている本来の能力を開花させることを第1に考え、日々の指導を行っています。

だから、伸び続けるのです。

私たちは君に夢や希望を持って生きることができる『人生の秀才』になってもらいたいのです。