年齢別のステップアップ

知育のエンジェルコスモでは知能因子論に基づきカリキュラムをプログラムしています。

年齢によってもそれぞれの目標があります。


よく年少さんのお母様から
「うちの子、レッスン中にまだ積極的に発表していないけど大丈夫ですか」
というご質問をお受けします。



年少時期は蓄えの時期です。

先生のお話を聞いて理解し、自分で行動できるまでが目標となります。



年中になると、この蓄えたものをアウトプットしていく練習をしていきます。

発表をするなどの表現力にあわせて合理の力が培われます。

合理とは道筋だてて考える力です。

先生の指示通りに行動するだけではなく自分で考えて答えを導き出していくことで、
自信につながり、もっとやりたいというやる気にもつながります。

多くを蓄え、それらを組み立てて考えられるようになります。

年長になるとそれまでの蓄えを徐々に開花させる時期となります。



年少、年中を一歩ずつステップアップして行くからこそ、知能因子それぞれの能力がバランス良く開花します。



幸校の三島有真君は年少からエンジェルコスモに通っています。



年少、年中の時期に着実にステップアップしてきたため、
現在年長クラスでは講師も驚く程の実力を見せています。



大切なのは今のお子様の力とその先の目標をしっかりと見据えて
出来たことを一つひとつ共に喜びあっていくことなのです。