親孝行したい時分に親はなし

昔から言い伝えらえられていることわざです。
幼児期から思春期の頃に、親が祖父母へ優しい言動をする姿を見聞きして育つ子どもは、自分が親になったときにも自然に親が祖父母にしたようにできるものです。
つまり、ご両親が現在親御さんにされている言動が将来我が子からされる未来の姿なのです。

小学校受験では、他の子どもにする自然な言動を見逃さずに観察されています。
そうした点も重要視されているのもうなずけます。