日本の社会では

年々貧富の差が広がっています。

中流層が減り、貧しい生活を余儀なくされる人々が増えているのです。

大学や高校も同じです。

トップ校は倍率が変わりませんが、偏差値が低く交通の便が悪い学校は、閉校に追い込まれています。

資源の少ない日本では、無から有を生み出すような発想力を持たねば今後発展が望めません。

そして、もっともっとエコを推進しなければいけません。

なぜならば、もし諸外国からの輸入が閉ざされた時、今の日本の自給率では今後太刀打ちできないでしょう。

そうした意識を持って生きていく時がついに来たのだと思います。

私は、子ども達と保護者の方々と共に世の中の役に立つ人づくりを今後も続けていきたいと思います。

好きなものを職業に出来るきっかけは、周りの大人の誉め言葉が大きく影響します。

好きなことを子ども達が将来職業にできるよう導いて行きたいと思います。

そして彼らが大人になった時には、日本そして世界中の人々の役に立てるようなものを開発してくれることを楽しみにしています。

保護者の方の協力なくしてはできません。

どうぞよろしくお願い致します。