教育という素晴らしい仕事を



34年間続けさせていただいてまりました。

その間には、受験戦争といわれる時代もありました。

現代の日本の教育では、生きる力こそ必要とされています。

若年性うつ病、いじめ、自殺、そうしたもの全てが大人の社会の縮図です。

私は、子ども達に「生きる天才や秀才」になってほしいと思い続けてきました。

その根本が、親の美しく正しい日本語での語りかけだと感じています。

想像力の源は言語からです。

そしてそこから、形や数をおりまぜイメージしていくことで子どもの創造力へと培われていくのです。

子どもにとって遊びが大切な理由はここにあるのです。

脳が90%でき上がるといわれる6歳までに、手足を使っての遊びが想像力と創造力を育むのです。

絵本が大切な理由も、語彙量が多ければ多いほどイメージがわきやすいからです。

勿論文字からだけではなく、ママが物の持つ概念を含め日々語りかけることが重要です。