小学校受験とは親の受験である

6歳の子どもの言動は、親御さんの日常の言動がありのままに反映されます。
マイナス思考の親御さんは、愚痴を言いがちです。
また、物事の結果に対しても、人のせいにしがちです。
小学校受験が親の受験であり、徳が低い親御さんの場合はマナーや言葉遣いが他者への思いやりに欠けます。
これは、私が長い間小学校受験生の親御さんを指導させて頂いてきて痛感していることです。
徳というものは親が積み、子に残すものです。
親の徳は子どもの他者への思いやりの心に影響すると思います。
つまり、「親の生き方」が子どもの生きる道を拓くのです。
30年以上子ども達の言動を見てきて、
ひがみっぽい子どもや人前で自信がない子どもの背景にはそうした親御さんがおられました。
しかし、親子の縁はきることはできません。
こうした負の連鎖は代々続くものです。
この負の連鎖を切ろうと決めた時から、子どもの未来は輝くものに変わっていくのです。
平均3年位かかりますが。。。つまり合格の切符は3歳までのスタートが必要、もしくは3倍速ですね!