5歳で既に頭が固い子

5歳と言えば、何でも見たい聞きたい知りたい年頃です。
でも既に「何も知りたくない、聞きたくもない。」だから、見るだけで手を出そうともしないお子さんがいます。
どうしてこのような5歳児ができてしまったのでしょうか?
それは怒られ続けて育った子です。
子どもが本来持っている探究心が壊されてしまっているのです。
実際こういったお子さんの頭皮自体も硬いのです。
レッスンの指導に当たらせていただくエンジェルコスモの講師は「この子は頭が悪いな。」とは思いません。
「この子はまだ5歳なのに頭がカチカチに固いな。」と感じるのです。
誉めて育てた方が得することばかりです。

ある時一人のお父さんが
「母親があまりに怒ってばかりいるので、家庭が暗くなります。だめですよね?!先生、その点を妻に分からせてください。」
とおっしゃられました。
お母さんは家族の太陽です。
いつも晴れているからこそ、雷を落とした時には効き目があるのです。
勿論、いつもいつも笑顔ではいられません。
ならば、叱る時は「怒るのではなく、叱って諭す」を心掛けましょう。
1年に1度ぐらいは雷が落ちる日があっても、考えるチャンスにつながるのかもしれません。
但し、穏やかな性格のお子さんは、穏やかな家庭で育ったお子さんであることは否めません。